学科概要

教育理念

教育理念

航空宇宙工学とは,文字通り,航空機,ロケット,人工衛星,宇宙ステーション,ヘリコプタ,飛行船など,“空”や“宇宙”で利用する人工物(技術システム)の開発・利用について考える工学です.航空宇宙には他の分野にはない,あるいは,他の分野よりも際立ったいくつかの特徴があります.例えば,航空機やロケットなど,航空宇宙工学が対象とするモノは,大規模で非常に複雑な技術システムであり,航空宇宙工学はそれらについて考えるシステム工学の1つです.したがって,単に個別の要素技術のみを考えればよいという分野ではなく,常に全体を考えた上で物事を進めてゆく必要があります.個々の機構や構造部材,あるいはそれらをコントロールするソフトウェアなどを設計・開発してゆくときにも,常にシステム全体を意識しながら進めてゆくことになります.

最先端の開発が求められる“先駆性”,宇宙環境のような極限条件下における高度な“信頼性”・安全が求められる“極限性”,そして様々な分野の最先端技術が総合的に組み合わされた“総合性”という特徴を有する航空宇宙工学の修得を通じて,自啓自発の精神を持ち,科学・技術の発展に貢献できる技術者を養成することが,本学科の教育理念です.

カリキュラム概要

カリキュラム

航空宇宙工学科では,大学3年次終了までに,航空宇宙工学の基礎となる4系列(熱,流,材,工)の科目分野に関連した授業を一様に教育することで,基本的な力学・数学を使いこなし,物理現象の理解や基本的な実験方法についての知識・経験を有する基礎学力のある学生を育て,国家公務員採用試験の総合職試験(大学卒業程度の学力に相当)および工学区分に合格するだけの学力をつけます.卒業研究を完了した大学4年次終了時点で「学士力」,ならびに学科が掲げる教育理念にある「自啓自発の精神を持ち,科学・技術の発展に貢献できる技術者」の素養を身につけることを保証します.

以上のような教育目標を掲げることで,学科が目標とする教育理念を達成できる学生の教育を行っていきます.

特色ある教育

航空宇宙工学科では,人力飛行機,人工衛星,飛行ロボット,ジェットエンジン,ロケットなどに関するプロジェクト活動・研究会活動を行っており,教員による支援の下で,学生が飛行機設計から製作,宇宙開発まで様々な活動に取り組んでいます.
1年次後期から3年次後期にかけては学科設置科目の一つである「航空宇宙工房演習Ⅰ~Ⅴ」の少人数教育を通じて,各研究室でプロジェクト活動等を行いより専門性の高い学力の習熟や探求力や論理的思考力の体得ができる状況になっています.
これらの活動を通じて,航空機や宇宙気,あるいは,それに関連した実システムなどの開発・利用を通じて,航空宇宙工学の理論を実践的に学ぶことにより,自啓自発の精神に富んだ,科学・技術の発展に貢献できる人物を育てることを目標としています.

特色ある教育

学科の歴史

1889年10月 日本法律学校設立
1903年10月 日本大学と改称
1928年4月 日本大学工学部(理工学部の前身)を設置
1954年4月 習志野校舎(現 船橋校舎)開設
1956年 工学部機械工学科に航空専修コース(航空宇宙工学科の前身)を設置
1958年4月 工学部を理工学部に名称変更
1972年4月 航空専修コースを航空宇宙コースに名称変更
1977年12月 理工学部に航空宇宙工学科(定員120名))を設置
1978年4月 航空宇宙工学科創設
1979年4月 日本大学大学院理工学研究科博士課程(前期・後期)に航空宇宙工学専攻を増設
1996年4月 習志野校舎を船橋校舎に名称変更
2003年4月 航空宇宙工学科創設25周年
2007年 文部科学省 特色ある大学教育支援プログラム採択(特色GP),人力飛行機工房・衛星工房採択
2008年6月 航空宇宙工学科創設30周年