教育理念

教育理念

航空宇宙工学とは,文字通り,航空機,ロケット,人工衛星,宇宙ステーション,ヘリコプタ,飛行船など,“空”や“宇宙”で利用する人工物(技術システム)の開発・利用について考える工学です.航空宇宙には他の分野にはない,あるいは,他の分野よりも際立ったいくつかの特徴があります.例えば,航空機やロケットなど,航空宇宙工学が対象とするモノは,大規模で非常に複雑な技術システムであり,航空宇宙工学はそれらについて考えるシステム工学の1つです.したがって,単に個別の要素技術のみを考えればよいという分野ではなく,常に全体を考えた上で物事を進めてゆく必要があります.個々の機構や構造部材,あるいはそれらをコントロールするソフトウェアなどを設計・開発してゆくときにも,常にシステム全体を意識しながら進めてゆくことになります.

最先端の開発が求められる“先駆性”,宇宙環境のような極限条件下における高度な“信頼性”・安全が求められる“極限性”,そして様々な分野の最先端技術が総合的に組み合わされた“総合性”という特徴を有する航空宇宙工学の修得を通じて,自啓自発の精神を持ち,科学・技術の発展に貢献できる技術者を養成することが,本学科の教育理念です.